食べこぼしの改善方法

食べこぼしの改善方法!とりあえずコレを試そう

食べこぼしの改善には、いくつかの方法があります。

 

すぐに行える方法としては、姿勢の改善、食器と口との距離を変える、使いやすい食器を使う、テーブルの高さを調整する。この4つが挙げられます。

 

食べこぼしの改善策1:姿勢の改善

 

食べこぼし対策として姿勢を改善する場合、食事中の姿勢を安定させることが目的となります。

 

まずは以下の3点を確認してみましょう。

 

姿勢を改善する時のチェックポイント
  • 両足のかかとが床についているか?
  • 上半身が前かがみになっていないか?
  • 口と皿の距離は遠くないか?

 

両足のかかとが床についていない場合、足元に踏み台を置くなどしましょう。

 

あと、背もたれや肘かけと体の間にクッションを挟むと、座る姿勢が安定しやすくなります。ですからクッションを利用するなどして、座りやすい姿勢を作るようにしましょう。

食べこぼしの改善策2:食器と口との距離を変える

 

食器と口の距離が離れていると、食べにくいため前かがみになったり姿勢が悪くなります。また、食べ物をスプーンなどで運ぶ距離も遠くなり落としやすくもなります。ですから食器と口との距離を調整することは、食べこぼし対策には必要なことです。

 

なるべく食器と口との距離は近くにしましょう。

 

食べこぼしの改善策3:使いやすい食器を使う

 

スプーンやフォークなどには、使いにくいものと使いにくいものとがあります。例えばスプーンが大きすぎると、口の中にうまく食べ物を入れられずに食べこぼしの原因となります。

 

食べこぼしにお悩みの場合は、食器選びも実際に手に持って確認しながら選ぶなど、時間をかける方が良いでしょう。

 

食べこぼしの改善策4:テーブルの高さを調整する

 

椅子の高さと、テーブルの高さが合っていないと、色々と問題が生じます。

 

姿勢が悪くなりますし、食器と口との距離も離れます。それに、スプーンやフォークも使いづらい角度で使う必要が出てきます。また、距離感もとりづらくなります。ですから、テーブルといすの高さを調整することも、食べこぼし対策には必要となります。

スポンサードリンク

関連ページ

食べこぼし対策は色々とあるから……まずは!
食べこぼしに関しての直近情報が欲しいのなら、食べこぼしについてご案内している限定サイトをお訪ねください。あなたに役立つ食べこぼしの情報を、どの情報サイトよりも確実に見ていただくことができると思います。
食べこぼしが多い大人は、この2つを改善!
食べこぼしに関しての直近情報が欲しいのなら、食べこぼしについてご案内している限定サイトをお訪ねください。あなたに役立つ食べこぼしの情報を、どの情報サイトよりも確実に見ていただくことができると思います。