食べこぼしの原因は、調べてみると案外怖い

食べこぼしの原因は、調べてみると案外怖い

食べこぼしと一言でいっても、年齢によって原因は色々とあります。大人の食べこぼしは、幼少期に手を掛けてもらえなかったことが原因で、無意識のうちに甘えたいとか手を掛けられたいという想いがあるという方もいらっしゃいます。

 

そんな食べこぼしの具体的な原因として、どのようなことが挙げられるのでしょうか?

 

食べこぼしが頻繁に起こる場合の原因例
  • 口に運ぶまでの食べこぼし原因

     脳血管障害の後遺症
     手と口の協調運動機能が低下している

  • 口に食べ物を入れてからの食べこぼし原因

     唇の動きに問題が生じている
     唇周辺の感覚に問題が生じている
     口に運ぶ食べ物の量が多い

 

口に運ぶまでの食べこぼし原因について

 

口に運ぶまでの食べこぼしは、麻痺や認知機能低下によって運動機能が低下することが原因です。

 

食事を上手につかめない、口まで上手に運べないなどの形で、食べこぼしが生じます。

 

口に食べ物を入れてからの食べこぼし原因について

 

口の中に入れた物を留めておけない、口内の感覚低下で口の中にある食べ物を認識しづらくなり食べ物が零れてしまうようになります。

 

食べこぼしは怖くない原因の場合の方が多い

 

食べこぼしの原因には、先に述べたような怖い原因が潜んでいることもあります。

 

でも大半は、少しの工夫で改善するのが食べこぼしの特徴。

 

食べこぼしの改善で特に工夫をしやすいのが、食べる時の姿勢と食器から口までの距離です。

 

食べこぼしを改善する姿勢

 

食べこぼしをする場合、まずは姿勢を正してみましょう。

 

姿勢を正す場合、最初に確認するのが足の裏が爪先からかかとまで床に着いた状態で食べているかという点。

 

もしも足が少し浮いているようでしたら、床に何かを置くなどして足が浮かないようにしましょう。

 

食べこぼしを改善する食器から口までの距離

 

食べこぼしには、大きく分けて2種類あります。

 

口に食べ物を運ぶまでの食べこぼしと、口に入れてから零れおちる食べこぼし。

 

もしも口に食べ物を運ぶまでの食べこぼしなら、食器をもっと近くに置く事で改善することも多くありますよ。

スポンサードリンク

関連ページ

食べこぼしについて!もし食べこぼしをしたらどうする?
食べこぼしに関しての直近情報が欲しいのなら、食べこぼしについてご案内している限定サイトをお訪ねください。あなたに役立つ食べこぼしの情報を、どの情報サイトよりも確実に見ていただくことができると思います。
食べこぼしの意味は?食べこぼしって何なの?
食べこぼしに関しての直近情報が欲しいのなら、食べこぼしについてご案内している限定サイトをお訪ねください。あなたに役立つ食べこぼしの情報を、どの情報サイトよりも確実に見ていただくことができると思います。
食べこぼし!大人の食べこぼしを改善するのなら……
食べこぼしに関しての直近情報が欲しいのなら、食べこぼしについてご案内している限定サイトをお訪ねください。あなたに役立つ食べこぼしの情報を、どの情報サイトよりも確実に見ていただくことができると思います。