食べこぼし 高齢者が食べこぼしたら最初にコレを試そう!

食べこぼし 高齢者が食べこぼしたら最初にコレを試そう!

高齢者の食べこぼしを発見して、すぐに食べこぼし用のエプロンを──と、思ったのなら少し待ちましょう。

 

食べこぼし用のエプロンは、カッコ悪い物が多いので慎重に選ばないと高齢者の方が自分を情けないと感じる原因となります。

 

また、食べこぼしエプロンを着用させる前に、少し行って欲しいこともあります。

 

高齢者の食べこぼしを発見したら1

 

高齢者の食べこぼしを発見したら、まずは姿勢を安定させることを考えましょう。

 

椅子に座った状態で、足の裏がかかとまで床に着くようにしましょう。

 

もし足が浮いていたら、足元に踏み台などを置くようにします。

 

また、背もたれや肘掛けなどを、体と椅子の間に挟むと姿勢が安定します。

 

このように、姿勢を正すことで食べこぼしを回避できる可能性がありますよ。

 

高齢者の食べこぼしを発見したら2

 

姿勢を正したら、今度は皿と口との距離を改善しましょう。

 

手で皿を持ちあげられない場合は、皿の位置を高くするなどの工夫をしましょう。

 

また、口や舌を動かすトレーニングをすることで、口から食べ物を零すのを防げることがあります。

 

食器について

 

高齢者の食べこぼしが、食器から口元に食べ物を運ぶ時残っているのであれば、食器が合っていないのかもしれません。

 

食べやすいスプーンや器を取り扱っているお店なんかを、作業療法士や理学療法士の方に訊ねると良いかもしれません。

 

高齢者の食べこぼしを相談する相手

 

食器から口に運ぶまでに食べ物を落とす場合は、リハビリの専門家と言える作業療法士や理学療法士に相談しましょう。

 

口から食べ物がこぼれる場合は、司会や言語聴覚士に相談しましょう。

スポンサードリンク

関連ページ

食べこぼし用の高齢者エプロン デザインが恥ずかし過ぎる!!
食べこぼしに関しての直近情報が欲しいのなら、食べこぼしについてご案内している限定サイトをお訪ねください。あなたに役立つ食べこぼしの情報を、どの情報サイトよりも確実に見ていただくことができると思います。
高齢者の食べこぼし原因はコノ4つ!
食べこぼしに関しての直近情報が欲しいのなら、食べこぼしについてご案内している限定サイトをお訪ねください。あなたに役立つ食べこぼしの情報を、どの情報サイトよりも確実に見ていただくことができると思います。