離乳食の食べこぼし!掃除を楽にする4つの工夫

離乳食の食べこぼし!掃除を楽にする4つの工夫

赤ちゃんが離乳食を食べ始める時期になると、食べこぼしの掃除が大変になります。

 

食事のたびに食べこぼしがあるとなんというか、キレそうになります。それに、離乳食は液状なので、普通の食べこぼしよりも酷い頃になりますからね。

 

今回は離乳食の食べこぼしを掃除するとき、少し楽になる準備についてお伝えします。

 

離乳食

 

準備1:シートを敷く

 

食べこぼしシートを敷くのは、食べこぼし被害を減らす基本ですよね。

 

新聞紙を使う場合は、紙面を広げて4〜6枚を敷きつめるようにしましょう。そして中心に赤ちゃんの椅子を設置。

 

そして離乳食の食べ子美氏があってから片付ける場合も、少し工夫が必要です。新聞紙は一枚ずつ扱って、隅の方から食べこぼしを中心に集めるように畳みましょう。

 

準備2:赤ちゃんの椅子を丸洗いできる物にする

 

赤ちゃんが座る椅子も、離乳食の食べこぼし被害を受けます。また、食べ物を手づかみしてから椅子に触れることもありますから、かなり汚れます。

 

布を使った椅子は避けて、木材だけで作った物などを使うようにしましょう。こういった椅子であれば、丸洗いできるからかなり楽ですよ。

 

準備3:掃除しやすい場所で食事をする

 

食べこぼしシートを敷くのが勿体ない!面倒くさい!このよな場合は、お風呂場や洗面所で赤ちゃんに食事をさせるのも手です。

 

洗うのがすごく楽ですよ。それに、食事が終わったらそのまま服を脱がせて、赤ちゃんの体も洗ってしまえますからね。

 

準備4:メニューをひと工夫

 

赤ちゃんは手が不器用です。この事が原因で、食べこぼしが起こることもありますね。この原因を排除するためにも、メニューの見直しをするというのも有効な手段です。

 

特に”細かくてまとまらない物”は、食べこぼしの原因になりやすいので最優先で手を加えましょう。

 

例えば、卵でとじる、水で溶いた小麦粉と一緒に焼く、片栗粉と混ぜるなど行う方法があります。この辺りは、ネットや本でレシピなんかを探した方が早いかもしれません。

 

とは言っても、離乳食だとメニューに手を加えるのは、ある程度成長しないと難しいかもしれませんが。

 

終わりに

 

今回は離乳食の食べこぼしについてお伝えしました。

 

メニューに手を加えるというのは、赤ちゃんがある程度成長しないと使えません。

 

ですが、他の方法であれば実践が可能な物もあるのではないでしょうか?

スポンサードリンク

関連ページ

食べこぼしには魔法水を!マジで魔法っす
食べこぼしに関しての直近情報が欲しいのなら、食べこぼしについてご案内している限定サイトをお訪ねください。あなたに役立つ食べこぼしの情報を、どの情報サイトよりも確実に見ていただくことができると思います。
食べこぼしの染み抜き 外出時のシミ取り剤は必須?
食べこぼしに関しての直近情報が欲しいのなら、食べこぼしについてご案内している限定サイトをお訪ねください。あなたに役立つ食べこぼしの情報を、どの情報サイトよりも確実に見ていただくことができると思います。
食べこぼしマットの使い捨てはペットシーツで!
食べこぼしに関しての直近情報が欲しいのなら、食べこぼしについてご案内している限定サイトをお訪ねください。あなたに役立つ食べこぼしの情報を、どの情報サイトよりも確実に見ていただくことができると思います。
食べこぼしの掃除に重層って使える?
食べこぼしに関しての直近情報が欲しいのなら、食べこぼしについてご案内している限定サイトをお訪ねください。あなたに役立つ食べこぼしの情報を、どの情報サイトよりも確実に見ていただくことができると思います。